E.G.O.日本株式会社
ホーム 会社概要 会社沿革 商品紹介 グローバル拠点 会社データ 経営理念 お問い合わせ先 ENGLISH
EGO経営理念 EGO品質 EGO環境方針
 
経営理念 EGO環境方針
私たちにとって環境保護とは法令遵守だけでなく、同時に創造的な目標をも意味しています。
 
  環境に適合していなければいけないのは私たちの製品だけではありません。私たちが使う材料や製造工程も規格に合うものでなければなりません。さらに私たちの製品や部品、材料が最大限に再利用され、また環境負荷を軽減する方法で廃棄されているか確かめなければなりません。限り或る資源を大切に維持していくことこそが、私たちのこれからの未来を築いていくことに繋がっていきます。
環境方針
01 原則
私たちは環境の保護と保全を企業方針の一部をなすものと考えます。私たちは企業の経済的成功が生態学的な必要条件を考えることなしには約束されたものではないことを承知しています。
02 お客さま
お客さまの満足が私たちの最大の財産です。私たちの生産ラインの環境基準がさらにお客さまの満足に加えられる価値です。私たちはオープンで対話を基本とした情報開示の方針でこのことを明らかにします。お客さまがもし私たち独自の環境基準よりもさらに進んだ環境との調和、耐久性、再利用性を望まれた場合は注意深く再検討し、出来る限り私たちの製品に取り入れていきます。
03 原材料メーカー
仕入先を選ぶことはEGOの環境方針の必要条件を満たすためにたいへん重要なことです。私たちは取引当初より環境方針や基準について仕入先とも話し合い、またその結果の重要性についても話し合っていきます。言うまでもなく、仕入先も環境問題に向き合っていくことを望んでいます。
04 一般の人びと
一般の人びとは企業が重大な間違いをしないための監視役であり、環境保護に関してもまさにその通りです。私たちは自発的に私たちの取り組みについて公表していくことに努めます。誠実であること、対話の準備があること、そして責任を明確にすることが基準になります。
05 従業員
環境保護には業務上の安全性や健康に関することも当然含まれます。環境に配慮した生産工程は、生産現場で働く従業員の健康に害を及ぼしません、他の現場においても、潜在的な健康を害する要因を出来るだけ小さくするためにすべきことはまだたくさん残っています。ですから働く環境は常に改善されなければなりませんし、働く現場は適正化されなければなりません。このために、働く現場の視察や査定が一定の期間毎に実施され、文書に記録されます。しかし、私たちが計画を実行することができるのは私たちが力を合わせたときだけです。このためには従業員すべてのレベルで的確な教育と訓練によって環境を保護する責任感と協調性を向上させていくことが必要です。私たちは環境対策やその導入において教育を受ける場合は、経営者側、最高管理者、従業員を援助します。このために「環境保護と職業上の安全と健康」というワーキンググループを私たちの品質管理システム内で立ち上げ、環境保護担当役員も選任しました。この環境への取り組みは私たちの企業提案計画の重要な部分になります。
06 製品と生産工程
私たちは無公害の製品と生産工程で生命維持のための環境を長期に保全するため積極的に貢献しています。私たちは製品の環境調和性、耐久性、再利用性が競争の場において選ばれる要因になりつつあることを歓迎しています。コスト的に受け入れ可能であっても、さらに法令用件を満たしているとしても、私たちの生産と製品が環境に与える影響を最小限にすることが私たちの目標です。このことにおいて私たちは産業内で先駆者的役割を果たしていきたいと思っています。つまり新製品開発の段階で、また既存の製品と生産工程の最適化の段階で見つかった環境に対する要素を必ず考慮に入れていきます。しかしながら良い決意があることだけでは十分とは言えません。ですから私たちは定期的にその実施状況をチェックしています。この点において法令を遵守することは私たちにとっては最低限の要求を満たしているに過ぎません。
E.G.O.日本株式会社